初めてのホームページ制作では、デザインのカラーに悩みます

入力している人と地球

初めての自分でホームページ制作をしました

ノートパソコン

商売上、ホームページ制作をすることになったのですが、最初は業者に任せるか、自分で勉強して作るか迷っていましたが、何事も経験ですし、勉強にもなるし、今後役に立つかもしれないとのことで、自分で勉強してホームページ制作をすることになりました。
本などを買ってきて、大まかな知識は手に入れたのですが、細かい内容はやはり実際にやってみないと覚えられませんでした。
HTMLで作るよりも、元々参考にできるホームページを探し、それを実例として見ながらホームページ制作をするのが一番覚えやすい方法でした。ホームページの更新などは、元々できたホームページをDreamweaverを使っての更新していたので多少は慣れていましたが、ホームページを一から制作となると結構根気がいりました。でも、自分の思ったようなホームページを細かいところでも少しづつ改良を重ねて仕上げていく面白みがありましたし、何よりもそれを不特定多数の方に見てもらっているという楽しみもありました。
特に一番苦労したところは、Flashです。何度も再生しては修正して、とても時間のかかる作業で、時間との戦いでした。
一番根気のいる経験でしたが、動くものが結果として見れるというのがとても感動し、時間さえあれば今でもFlashは作りたいと思っています。

ホームページ制作におけるwebデザインのカラー

ホームページ制作を進めるにあたり、ナビゲーションに関連する色とそのほかの色とを明確に区別できるようにすることは、すごく大切です。ブラウザのリンクカラーは、青がデフォルトです。それゆえ、ページの中で青い文字はリンクと間違えられてしまう可能性があります。青を使う場合は注意が必要です。
更に下線までつければ、ユーザーが誤操作することは、目に見えています。コーポレートカラーが、青などの理由がある場合は、リンクカラーを別色に変更しましょう。ですが、ここで気を付けることは、リンクカラーを青以外に設定するということは、その色がリンクカラーであることを、ユーザーが一目で理解できるようにしなければなりません。
そして、ナビゲーションに関連する色は、よほどのことがない限り、ホームページ制作において統一することです。ユーザーに対して、いちいちナビゲーションの学習を強いてはならないからです。
そこで、初心者のホームページ制作者でもお手軽に設定するコツがあります。使用しているソフトにスライスで細かい設定のできる機能を利用するのです。HTMLの書き出しに反映するので、altの設定を入れておくことをお勧めします。画像が読み込まれるまでに、表示できるテキストを指定できるからです。
OSによっては、マウスカーソルが当たると、ツールチップとして文章が表示される利点もあります。

ホームページ制作におけるwordpressが使用できるサーバー

わたしはwordpressでいくつかホームページ制作を行っています。
はじめたきっかけというのは、ブログのように簡単に更新できるわりに、サイトのデザインやつけられる機能の自由度が高いということを聞いたからでした。
というわけで、制作したホームページをwordpressで運営するにあたり、レンタルサーバーを借りることにしました。わたしはロリポップというサーバーを借りました。wordpressが使えるサーバーでは、ここが一番安価だったからです。wordpressを使用できる条件は最低でも、サーバーのPHPバージョンが4.3以上、MySQLバージョンが5.0.15以上なのですが、それが使用できるプランはここでは50GMのロリポプランでした。最初の申し込みから10日間は無料お試しができたので、wordpressというものがどういうものなのかということを含めて自分に使いこなせるかというこを確認できたので大変便利でした。
ところで、最初独自ドメインというものをとればいいのか、とらなくても構わないのかがよく分かりませんでした。あまり理解をしていなかったためとりあえず早々にとってしまいましたが、必ず取得しなければならないというわけでもなかったようです。ただ、あとでブログを別サーバーに移転する可能性がある場合は、独自ドメインにしておくとブログのアドレスはそのままなので、便利なようです。
なお、支払いはこのサイトのおさいぽ!というシステムがweb moneyというサービスに対応していたので、web moneyにあった残高を振り込み支払いました。これだけではなく幅広い料金振込サービスに対応しているので使いやすいなあと思いました。
わたしなどは急いでホームページ制作をしてしまったふしがあるので、いささかあわてたホームページの立ち上げになってしまいましたが、もしwordpressでホームページを立ち上げたかったら、ある程度wordpressの入門本やサービスを読んで熟読してからのほうがいいと思います。そのほうがホームページの構成などもおちついたものになり、いいホームページ制作ができると思います。